Français
Português
中文
日本語
한국어
Svenska
繁體中文

> 製品概要

Streamlining the Virtual Fatigue Engineering Process

nCode DesignLife

CAE疲労耐久性評価プロセスの効率化

nCode DesignLifeは、有限要素法の結果を利用して疲労寿命を予測し、製品のプロトタイプを作成する前でも「寿命の長さは?」また「試験をクリアできるか?」という質問に答えることができます。シンプルな応力解析から一歩踏み出し、実際の負荷条件でシミュレーションを行うことで、設計が不足または過剰にならないようにできます。

nCodeの製品は30年以上にわたって疲労テクノロジーの最先端にあるという評価をいただいています。1990年代に商用FEAベースの疲労解析ツールを世界で初めて市販し、それ以来nCode製品は進化を続け、競合製品に優る位置を確保しています。nCode DesignLife は現在の大規模なモデルサイズおよび実際の負荷スケジュールに適合するように最適化されています。独自の機能として、周波数領域での疲労解析を予測して加振テストをシミュレーションする機能があります。

DesignLifeは、大手OEMやサプライヤーで使用され、そのサポートを全世界で受けられるため、市場で最も直観的に使用できる最も強力で柔軟な、CAE疲労および耐久性ソフトウェアです。

主要な機能

  • 直感的で容易に使用できる有限要素ベースの疲労解析ソフトウェアです。
  • ANSYS、Nastran、Abaqus、LS-Dyna、RADIOSSなど先進的なFEAの結果のデータを直接サポートします。
  • 大規模な有限要素モデルと完全な使用スケジュールを効率よく解析します。
  • 応力-寿命、ひずみ-寿命、多軸評価、溶接、短繊維複合材料、振動、き裂進展、熱機械疲労などの広範な疲労解析機能を備えます。
  • 専門ユーザーは詳細な設定が可能です。
  • テストとCAEデータに1つの環境で対応します。
  • 解析プロセスとレポート作成の標準化が可能です。

主要な効果

  • 物理テストへの依存を低減し、コストのかかる設計や加工上の変更を解消します。
  • 最初にシミュレーションを行うことによって、物理テストを効率よくまた迅速に実施できます。
  • 損傷を減少させることによって保証クレームを減少できます。
  • 適用する設計のオプションを増すことによってコストと重量を低減できます。
  • 解析プロセスの標準化によって整合性と品質を向上させることができます
  • 物理テストと直接相関させることができます。
*P/FatigueはPatran用にPDA Engineering社と共同で開発されたものです。Patranは現在、MSC.Software社の登録商標です。記載の製品はすべて各社の登録商標です。

インタラクティブなデモを見る

DesignLifeのご紹介

このデモでは、CAEをベースとした疲労寿命予測するためにDesignLife使った簡単な紹介をしています。強力で過程指向環境での疲労寿命を計算するために、ANSYS、NASTRAN、そしてAbaqusのようなFEソルバーからの結果をどのようにして実際の測定負荷データと組み合わせることができるかがおわかりいただけます。

主な用途

  • FEA疲労および耐久専門家が利用
  • ”最初から適切な方法で”設計するために設計の初期段階で利用
  • プロトタイプより前に物理試験をシミュレーションするために利用
  • 既存の耐久性問題を解決するために利用
  • 航空、自動車、消費財、重工業、防衛など多くの他の業界で利用

製品カタログ(PDF)

Webinars

お客様事例