Select Language / Country  Country Flag






Nederlands

Português

Svenska

中文

繁體中文

日本語

한국어
Aerospace Industry

航空宇宙

nCodeの強力で汎用性の高いソフトウェアソリューションは、固定翼および回転翼航空機、航空宇宙設計、試験解析、航空宇宙OLMおよびHUMS、そしてデータ ウェアハウス用の航空宇宙業界に疲労耐久および耐用性ソリューションを提供します。

nCodeソフトウェアにより以下のことが可能になります。

  • 設計評価および設計変更の時間短縮
  • 既存システムの寿命を延長しメンテナンススケジュールを改善
  • システムを変更した場合の影響を迅速に把握
  • 構造的な一体化によって導入スケジュールを改善し、ミッションに即時に対応
  • Make test data and analysis results availible quickly to the right people
  • Avoid over design and the associated cost and weight
  • Ensure consistency and enforce standards
  • Automate complex analysis and processes
  • Allows engineers to collaborate and work together
  • Deliver actionable information

nCode DesignLifeによる航空宇宙設計

航空宇宙設計およびエンジニアリングのソフトウェアアプリケーションへの要求は、非常に高度です。 プロセスは厳格に適用および制御される必要があり、したがってソフトウェアソリューションは的確に設計され、わかりやすく、また繰り返しても一貫性が保持され、迂回することなく直接的に実行できることも必要です。 nCode DesignLifeでは、各解析コンポーネント (「グリフ」といいます) をドラッグして互いに接続し、プロセスを作成するだけで、解析およびレポート作成プロセス全体を構築できます。作成されたプロセスは、必要なら「ロック」できるため、品質保証手順を確立し、IP を保護することもできます。

nCode DesignLife enables Aerospace engineers to perform:

CAEベースの疲労解析

  • 故障がいつどこで発生する可能性があるかを特定
  • 多軸SNおよびEN疲労解析
  • 過渡荷重または準静的荷重の非線形および線形有限要素解析
  • 多軸荷重スペクトル
  • ランダムまたはスイープ正弦波負荷からの振動疲労

仮想試験

  • 有限要素モデルから構造性能を直接予測することによって、プロトタイプ試験 (MIL-STD-810Fなど) の評価時間を短縮しコストを最小化

損傷許容値解析

  • 重大なクラック長、成長速度を予測し、最大許容クラック サイズを推定することによって、検査間隔を最適化
  • 検査による故障検討(初期クラック サイズの推定(EIFS) を含む)

材料特性

  • 正確で包括的な材料特性を提供:
    • 疲労寿命の予測および解析に活用
    • 材料提供元を比較し、一貫した品質の確保に活用

nCode DesignLifeの詳細はこちら

先頭へ

nCode GlyphWorksによる航空宇宙試験解析

航空機の開発、試験、およびモニターに使用するプログラムは、極めて大量のデータを頻繁に生成します。nCode GlyphWorksは、複数のソースから収集された測定試験データのノイズを取り除いて解析する包括的なソリューションです。複雑な測定データを、わかりやすい情報に素早く変換し、レポートを作成します。このレポートによって、情報に基づいてエンジニアリング上、また管理上の判断を下すことができます。

nCode GlyphWorks enables Aerospace Engineers to perform:

構造化試験

  • データ検証、処理、傾向解析および疲労解析を自動化
  • 傾向から故障および過大な疲労累積速度の始まりが読み取られた場合、警告を自動的に発生
  • すべてのタイプのデータを解析および把握

エンジン試験

  • 次数抽出を含む振動解析
  • オクターブ解析
  • ノイズ加重関数
  • 時間-周波数解析(JTFA:Joint Time Frequency Analysis)
  • 周波数応答関数解析(FRF:Frequency Response Function Analysis)

環境試験

  • リアルな衝撃および振動試験を単純化、カスタマイズし、時間も短縮
  • 実績を活用し、航空機の各種プラットフォームでのサービス コンポーネントおよびシステムを適格化
  • 装置の耐用性延長と短縮を評価

飛行試験

  • 自動データ検証およびアップロードによって設計部門および認証部門が使用する情報の品質および可用性を向上
  • ミッションへの対応性および使用状況の厳しさを把握
  • 高度なデータ解析、傾向解析およびレポートの作成

人的要因の評価

  • 機体全体への衝撃および振動を評価

nCode GlyphWorksの詳細はこちら

先頭へ

nCode Automationデータウェアハウス

航空機が生成する膨大なデータをカタログ化することおよび管理することは、それ自体が課題です。データを記述する情報がそのまま使用できることは少ないため、適切なデータを検出して使用するまでに時間がかかります。nCode Automationは、設計および試験のコラボレーションを念頭に開発され、データストレージ、解析およびレポート作成を自動化する包括的な環境です。また自動化によって、Webベースのコラボレーションインターフェースも実現し、試験データおよび関連情報を全社的に共有できます。

nCode Automation provides:

Webベースの強力なアーキテクチャー

  • 設計、試験および飛行運用で一貫した情報と処理を実現
  • 全社的に情報の可用性を最大にするとともに、インポート/エクスポート準拠要件に適合
  • サーバー側で解析を実行して、クライアントデスクトップソフトウェアの複雑な拡散や、大規模ファイルの転送を回避

高度な安全性と拡張性

  • 蓄積した経験を取り込み、従来のデータを素早く再処理できる「老朽化しないシステム」
  • 情報に即時にアクセスできる柔軟性を最大化するとともに、必要な特権と制限を認識
  • 1台のサーバーから複数プラットフォームによるシステムまで、拡張性の高いソリューション

nCode Automationの詳細はこちら

nCode softwareによるOLMおよびHUMS

現在製造されている多くの航空機は今後も運用年数内にあるため、運用する航空機数が増加し、耐用性の延長が課題になります。nCodeソフトウェアには、OLM(運用荷重モニター機能)およびHUMS(正常性および使用状況モニター)に対応する独自のアプリケーションがあります。これは、 エンジニアおよびオペレーターに必須のツールになり、航空機のライフサイクル全般にわたって耐飛行性を継続的に確保します。

Benefits of using nCode software for OLM & HUMS:

OLM地上局

  • 測定データを自動検証し、特性を分析することによって使用状況の厳しさを把握
  • 操縦イベントおよび飛行イベントを分類し、生成される荷重を把握
  • アーカイブされているデータを新しい方式の実装時に過去にさかのぼって解析し、「老朽化を防ぎ」長期に使用

HUMS地上局

  • 損傷および傾向を自動評価し、「故障の物理学」を使用して耐久性の問題を警告
  • CBMおよびRCMイニシアティブ ベースでメンテナンスを計画
  • ミッションへの対応性を明確化する手法:
    • 保有機全般で使用状況の厳しさを比較
    • 診断による傾向確認
    • 予測解析
  • 耐用性延長解析

nCodeソフトウェア製品詳細はこちら

先頭へ